クリニックの診察を受けた際には副作用の説明を求め、自分が納得できる治療方法を探しましょう。

MENU

AGA治療薬の副作用

AGA治療薬を使用する場合は、副作用についてしっかり学んでおきましょう。
副作用が発生してから後悔しても遅いのです。

 

 

まずAGA治療薬によって男性に起こる副作用をまとめてみます。

代表的なものは、性欲減退、勃起機能低下です。
男性ホルモンを抑制するのがAGA治療薬なので、当然の結果と言えなくはありません。
しかし、性欲減退や勃起機能低下は、男として許容できない一大事です。
こうした副作用があることは十分に理解しておく必要があるでしょう。

 

他には、頭皮の痒みや身体のむくみ、肝機能障害を引き起こす事例もあるのです。
もちろん、誰もがこのような重い副作用を起こす訳ではありません。
確率的にはAGA治療薬を使った人の1%前後が被害にあっている程度です。
ですが、それでも見過ごせない副作用であることには変わりありません。
絶対に副作用が出ない保証が無い以上、相応の覚悟を持ってAGA治療薬を使用しなくてはいけないのです。
ちなみに、副作用が出たらすぐに使用を止めましょう。
それで副作用が悪化することは無くなるので問題はありません。

 

副作用に注意

 

 

次に女性がAGA治療薬を使用した際の副作用についてです。

女性の場合ですが、AGA治療薬には細心の注意を払わなくてはいけません。
男性が使用するプロペシアという薬を女性が使うと、妊娠できなくなる副作用が出る恐れがあるからです。
クリニックで処方されることはありませんが、彼氏や夫が使っているものを使用してしまう事件があります。非常に危険な副作用なので、女性の方は十分注意しましょう。

 

 

AGA治療薬は少なからず副作用の危険がつきまといます。
気になる人は植毛や施術によるアプローチで髪の毛を増やすことを考えてみてください。
こちらは副作用無く安全に薄毛を治療できるのでおすすめです。
クリニックの診察を受けた際に副作用について説明を求めるのも良いでしょう。
自分なりの方法でAGA治療薬と向き合い、自分が納得できる治療方法を探してみてください。