推定で300万人とされるAGA治療の受診者数の多くは男性であり、女性の受診者数は多くありません。

MENU

AGA治療の受診者数

薄毛に悩んでいる時、自分は特殊な状態になっていると思いがちです。
ですが、はっきり言ってそれは誤解です。

 

日本全国に薄毛で悩む人は、男性で1300万人女性で600万人居るとされています。男性も女性も数人に1人が薄毛について悩んでいる事実を知りましょう。

 

髪の毛が薄くなるのは特殊なことではなく、誰もが通る道だと言っても良いぐらいです。恥じることも無ければ隠す必要も無く、堂々と治療を行えば良いのです。

 

髪の毛で悩む人口は約2000万人と想定すると、日本で暮らす5人に1人は問題を抱えていることになります。

 

ちなみに、AGA治療の受診者数は、推定で300万人とされています。
その多くは男性であり、女性のAGA治療に対する受診者数はあまり多くありません。金銭的な問題と思うかもしれませんが、これは単純にAGA治療があることを知らないからなのです。

 

髪の毛の悩みを持つ1000人にアンケートした結果では、AGA治療の名前を知っている人は3割に留まります。
さらに専門のクリニックを受診した人は1割程度と、極めて少ない数字になりました。

 

ほとんどの人は、ただ知らないから受診しないだけなのです。

 

AGA治療の認知度が広がれば、もっと大勢の人が髪の毛の問題に対して前向きに考えられるでしょう。
今のAGA治療は飛躍的に進化しており、地毛を蘇らせることが簡単になっています。
植毛技術も発達し、今ではアレルギー反応などもほぼ皆無の状態です。

 

ドラッグストアでは育毛剤等が売られていますが、それらの推奨はしません。

 

なぜなら、なぜ抜け毛や薄毛になっているかの原因がはっきりしていないからです。
ホルモンバランスなのか遺伝的なものなのか、それによって治療内容は大きく変わります。

>>AGA(薄毛)の原因

 

原因は素人が考えても判断できるはずもなく、専門のクリニックでなければ理由を追及出来ないでしょう。
理由が判明した後に、効果的な治療を行わなければ髪の毛は戻りません。
薄毛に悩む人は、なぜ髪の毛が抜けてしまうのか、薄くなってしまうのか、理由を診断してもらってください。