髪の毛の成長を促す成長因子を頭皮に注射して、発毛や育毛を促すメソセラピー療法もあります。

MENU

AGA治療の種類

AGA治療の種類は、大きく別けると2つになります。

 

 

1つは治療薬によるものです。

頭皮に直接振りかける育毛剤内服薬の2つが一般的です。
プロペジアという内服薬とミノキシジルという外用薬がメジャーです。

  • 内服薬のプロペジアは髪の毛の成長を妨害する原因成分の働きを抑制する効果があります。
  • 外用薬のミノキシジルは、頭皮の血行を良くして毛母細胞を活性化させるものです。

これにより発毛を促してAGAを解消するのが目的となります。

 

 

もう1つのAGA治療方法は施術を行うものです。

植毛を行ったり、発毛を促す栄養素を頭皮に注射するなどがあります。
人口の毛髪を植える治療もあれば、自分の髪の毛を移植する方法も存在しています。
安いのは人口の毛髪を移植する方法ですが、相性が悪いと皮膚トラブルが起こるのがネックです。最近ではアレルギー反応が出ないように工夫されていますが、まだ完璧とは言えない状況です。

>>AGA治療薬の副作用はある?

 

一方で自分の髪の毛を移植する方法は、予算がかさむもののアレルギー反応無しで植毛可能です。自分の髪の毛なので違和感も無くきれいに頭皮に馴染むのがメリットです。

 

 

他にも、発毛や育毛を促すメソセラピー療法があります。

これは髪の毛の成長を促す成長因子を用いたもので、頭皮に注射するタイプの治療法です。頭皮に注射と考えると怖いイメージがありますが、深々と注射針を差す訳ではありません。痛みも皆無なのでAGA治療としてはかなり期待出来るものだと覚えておきましょう。

 

注射イメージ

 

このようにAGA治療には多くの手段が存在しています。
AGA治療を行うクリニックを受診すれば、あなたに最適な治療方法を探してくれるでしょう。予算に合わせた治療方法も可能ですし、最終的な完成図に合わせる治療も行えます。髪の毛を増量していろいろなヘアメイクが出来るようにすることもありです。

 

AGA治療は非常に多いので、必ずあなたの希望を叶える治療方法があるでしょう。
勇気を出してクリニックを受診し、髪の毛の将来について相談してみてください。