AGAの原因は男性ホルモンの影響がありますが、食生活の乱れ、ストレスなども要因になります。

MENU

AGA(薄毛)の原因

髪の毛に問題が出る原因は男女によって違います。
原因が何なのかを知ることで、初めてどのような治療が有効かが分かるでしょう。

 

必要なものは育毛剤ではなく食生活だったケースすらあるのです。
AGAの原因を知り、普段の生活を見直すきっかけにしてみてください。

 

 

男性のAGAの原因は、男性ホルモンの過剰分泌です。

男性ホルモンは毛母細胞でジヒドロテストステロンという物質に変化してしまいます。
これが増えると髪の毛の成長を著しく妨害し、結果的に髪の毛が生えなくなってしまうのです。

 

遺伝的な原因、食生活の乱れ、ストレスなど様々な要因が考えられます。

 

ストレスが原因であれば、いくら育毛剤を使っても根本のストレスを排除しないと効果は表れません。食生活が乱れて栄養が偏っている場合も同様です。
遺伝の場合も、どのような育毛剤が有効なのかを調べてからでないと効果は高く無いでしょう。
いずれにしてもクリニックで原因を特定してから対処しないと、時間とお金を無駄にしてしまいかねません。

 

薄毛の男性

 

 

女性のAGAの原因は、男性よりも複雑で多岐に渡ります。

そもそも女性の場合は局所的な髪の毛が生えなくなるのではなく、全体的に髪の毛が減るのです。
さらに、髪の毛自体も細くなり弱くなってしまい、張りも艶も無くなるでしょう。
更年期になると女性ホルモンの分泌量が減少し、相対的に男性ホルモンが多くなります。
それによってAGAのような薄毛の現象が起こってしまいます。

 

ホルモンバランスが崩れるのが原因なことが多いですが、他にもストレスや栄養バランスの乱れの可能性もあります。
他にも産後による脱毛症やダイエットの後遺症など、薄毛になるリスクは男性よりも高いです。

 

AGAの原因は様々で、人によって治療方法は異なります。
育毛剤が効果的なのか、内服薬が効果的なのか、それとも植毛が良いのか、人によって違います。
適切な治療を行うためにも、まずはAGAの原因が何かを突き止めることに専念してください。