髪の毛の薄さで悩んだら、AGA治療を行って髪の毛を取り戻しましょう。

MENU

 

髪形は自身の個性を表現し、相手からの第一印象を決める重要なファクターになっています。

 

そんな髪の毛は一種の社会的なステータスとしても役立っているでしょう。
髪の毛が無いと、どこか後ろめたさや恥ずかしさを感じてしまうのも、そうした一面が要因になっているのかもしれません。

 

年齢と共に抜け毛がひどくなり、小さなハゲが出来てしまったり生え際が後退してしまったりします。
原因は遺伝の場合もあれば、ストレスによるもの、食生活の乱れによるものなど多岐に渡ります。一度頭皮が薄くなると、自力では髪の毛を取り戻しにくいのも難点でしょう。

 

こうした髪の毛の問題は、何も男性だけの問題ではありません。

 

女性もつむじ部分の髪の毛が薄く、若い頃から悩んでいる人は決して少なくないのです。
それに伴い最近では女性育毛商品やクリニックなども増えてきています。

 

女性のつむじ

 

男性の抜け毛は、男性ホルモンが原因の場合もあります。
男性ホルモンが毛母細胞で特殊な物質に変化して、髪の毛の成長を妨害するのです。

 

対して、女性の髪の毛問題は男性と少し異なります。
局所的に髪の毛が無くなる男性のハゲとは違い、女性は全体的に髪の毛が少なくなるのです。
さらに髪の毛が細く弱いものになってしまい、全体的にボリューム不足に陥るケースが多いです。

 

女性は更年期になると女性ホルモンの分泌量が下がり、ホルモンバランスが崩れてしまいがちです。他にも栄養バランスの乱れによって髪の毛が全体的に弱ってしまうのが女性の特徴です。

 

 

この髪の毛の悩みを解決する手段として、現代医療はAGA治療を推奨しています。

 

AGA治療とは大きく2つに分類され、

  • 1つは治療薬によるもの
  • もう1つは注射や植毛による施術

です。

 

カツラで頭皮の薄さを隠す時代もあり、現代でも頻繁に利用されています。
しかし、お風呂に入ったり、髪の毛を触られたりと、何がきっかけでカツラが取れるか分かりません。
地毛が生えているに越したことは無いでしょう。
髪の毛を取り戻すならAGA治療が最適なのです。

 

AGA治療の流れはとてもシンプルで、専門のクリニック等を受診する事から始まります。状況を見てもらった後に、予算に合わせて治療薬か植毛などを選択して治療を開始します。
治療の規模にもよりますが、2ヶ月~2年程度の時間を見ておくのが良いでしょう。
月に1回の受診で状況を確認しつつ、AGA治療を続けて行くことになるのが一般的です。

 

AGA治療を行えば、少なからず髪の毛が元に戻ります。
高度な植毛技術を利用した場合は、地毛と比べても遜色ないレベルの髪の毛を取り戻せます。

 

頭皮の薄さはAGA治療で完全に解決できると考えて良いでしょう。

>>AGA治療の種類

 

クリニックイメージ

 

 

髪の毛の悩みは身近な人にしにくいものです。
仮に相談されても明確な回答が出来ずに、現状が何も変わらないケースが多いでしょう。
専門的な知識がありアドバイスを行えるクリニックで相談を行い、今後のAGA治療について考えるのがベストです。

 

男性と女性でAGA治療の対応は異なってきます。

前述したように、局所的にハゲる男性全体的に髪の毛が少なくなる女性では、そもそも髪の毛の問題が別にあるのです。

 

男性の治療でオーソドックスなのはプロペシアという内服薬を利用した治療です。

男性ホルモンを抑制したり、髪の毛の成長を妨害する物質が出来にくくする効果が期待されます。
他にも植毛を行うケースもありますし、予算や状況に応じてクリニックと相談するのが良いでしょう。

 

女性の治療は、男性よりも困難なことで知られています。

基本的にはストレスを溜めずに、栄養バランスの良い食生活を送るのがホルモンバランスを整えるのに最適です。
また、ホルモンバランスを整えるサプリや女性向けの育毛剤などもAGA治療では活用されています。

 

髪の毛の問題は年齢と共にはっきりと表れて来るでしょう。
治療したいと思うなら、まずは専門のクリニックで状況を把握するのが第一歩です。
現代のAGA治療の技術力なら、ほぼ確実に改善策が見つかるでしょう。

 

カツラで髪の毛の薄さを隠す時代は終わり、髪の毛の薄さに恥ずかしさを覚える時間は人生の無駄です。
少しでも気になるなら、今すぐ治療して堂々と過ごせるようにしましょう。
髪の毛を取り戻して人生が変わったと感じる人は、大勢居るのですから。

>>AGA治療の受診者数